剣道のコース

剣道は剣を用いた武術であり、そのわざは古代から日本のすべての戦士によって、そして13世紀には武士によって研ぎ澄まされてきました。1876年に武士の帯刀が禁じられたため、その後剣道は榊原健吉によって若者の肉体的および精神的な訓練のためのスポーツへと変貌を遂げました。

日本剣道連盟は1928年に設立され、1955年まで剣道は主に日本でのみ行われていました。1955年にはじめての国際会議が開催され、フランスと米国にも伝えられました。

「剣道の修行の目指すところは、精神と身体を形作り、強い意志のある性格を洗練し、本格的かつ綿密な訓練を通じて留まることなく剣道の技を発展させる努力をし、礼儀正しさと名誉を重んじる、他の人々との結びつきを、誠実さの精神と、たゆみない自己実現の探究のもとに探めていくことである。」